アルバートチャオは、日常生活に存在する問題を斬新な方法で解決したいという情熱と探究心を持ったエンジニアであり発明家でした。

そんな彼の愛犬、コッカースパニエルが耳の感染症に苦しんでいるのを見て何とかしたいと思い、湿気がこもる垂れ下がった耳に自然な風を流し、耳の湿気を減らすことを思いつきました。

彼は、まず犬の進化を研究することから始め、次に長くだらりと垂れた犬の耳に風を送る方法を試行錯誤し、無数の試作品を作り出し、テストを繰り返し、イヤーリフターに磨きをかけていきました。

さまざまな材料や製造工程を研究する中で彼は多くの仲間と出会い、その仲間の助けを借りながらついにアメリカでイヤーリフターの生産を開始しました。